閉経前の生理不順

フレッシュな女子の事例には、焦る人もが多々あるのですが、50歳に近い人になると、むしろ閉経を歓迎する人もいます。

閉経前に現れる症状として、最も多く見られるものに生理不順があります。

俗に日本人の女子は閉経の平均年齢が50歳程度であるという事、その上前後5年間の計10年間には更年期があるという事を知っている人が全くで、それに対する対処法なども、人づてやオンラインの情報などで知っています。

生理周期に関して言えば、周期が短くなる人がいるかと思えば、反対に以前からずっとなる人もいます。

その上生理が3?4ヶ月間ほど全くなくなってしまって、てっきり閉経したものだと思っていたら、その後その上何事もなかったかのように生理が再開する時もあります。

しかも一番目数ヶ月間は、いつもよりも3?5日ほど周期がずーっとなった後で、今度は数日間短くなる人など多様です。

こうした閉経前の生理不順は、年齢が40代も後半の女子であれば「ついにかな」と半ば決心を決める事もできますが、まだ20代だというのに生理が止まってしまって、その上懐妊もしていないとなると、やはりに焦ってしまう事があります。

生理不順には色々な要因がありますが、真っ先に多々あるのは生理周期の乱れ、他にも出血量の異常などです。

以前はごく普通の量だった女が、突然大量の出血などをして、当たり前のタンポンでは応対できないほど、瞬く間に量が増える事があります。

生理期間中のこうした出血は本人の意志ではコントロールする事はできません。

閉経に先立って起きる生理不順というのは閉経の周期が乱れる事とは別に、量が多くなったり少なくなったりする事も内蔵されています。

それ故一度でもこのような事に遭遇した事がある人は、いつもタンポンを携帯したり、大容量のものに代えたり、加えて不意の出血でも慌てないで済むように白い服などを避けるようになります。

その上こうした人々とは反対に、出血量がひじょうに少なくなったり、極端な時には全くなくなってしまう人もいます。

病院ではホルモンの分泌状況などを調査して、この生理不順が何に起因するものであるかを明らかにしてくれます。

こうした閉経の生理不順の量の問題にかんしては、どっちがよいというような事ではないのですが、扱ってがしやすいのは帰するところ少ない方でしょう。

閉経に先立つこうした生理不順があまりに極端である時は、婦人科で調査してもらう方が精神衛生上もいいでしょう。このサイト(http://www.sinbadsearch.com/)で詳しく解説されています。

閉経耳鳴り

耳鳴りのおおかたは一過性のもので、短ければ数分、なお長期に渡ってても数日で、気がついたら耳鳴りがなくなっていたというような事があります。

最初に心積もりられるのは卵巣から分泌される女ホルモンであるエストロゲンの低下による、ホルモンバランスの乱れです。

研究データでは血液中のヘモグロビンの値が11グラムデシリットルになるようであれば、耳鳴りや貧血などがいつ起こっても不思議は無いとされています。

とはいえ閉経をむかえたすべての女子に、耳鳴りが起こるというわけではないのです。

これにより耳鳴りの他、頭痛、倦怠感、浮腫、疲れやすい、貧血、息切れ、動悸などの色々な症状が引き起こされる事になります。

加えて耳鳴りの周波数によっては、暮らし音にまぎれて本人も気がつかないといったような事もあります。

耳鳴りというのは、健康な人であっても睡眠不足や過労、ストレスなどの影響で、発症する事例があります。

今まで1度も耳鳴りを経験した事が無いという人を探す方が厄介なほどよくある症状です。

ではなぜ閉経が耳鳴りのきっかけとなる事があるのでしょう。

特に閉経によって大きくホルモンの値が移り変わりすると、血液中の酸素の量が少なくなってしまう事があります。

これに反対に虚の人の耳鳴りは、閉経後の女子で最も多くみられ、特に老年期になるごとにその危険性は大きくなるとされています。

他にも閉経後の耳鳴りの時、あまり大きな音ではないため、数ヵ月後には慣れてしまって特に苦しみには感じない事例も在ります。

漢方では閉経に伴う耳鳴りなどのきっかけを、「虚」の症状としてとらえています。

このタイプの耳鳴りのもち味として、あまり大きな音ではなく、ジー、ザーといった弱い耳鳴りが長い期間続くという事があります。

耳鳴りを改善する漢方薬などもありますので、長い付き合いになる事を心積もりて、体に副作用の少ない薬などで治療する方がよいでしょう。

他にもこういった閉経に伴う虚の耳鳴りは、ひじょうに長い期間継続するといったやっかいな面があります。

実を言えば漢方では「虚」とは反対の「実」の状況でも耳鳴りが起こるとされています。

こうした虚の人の耳鳴りでは肝腎の働きが衰えている事の指標にもなります。

しかしながら実の人が耳鳴りを感じるのは、風をひいた時やストレスがたまっている時で、ホルモンバランスなどとは結びつきがないのです。こちらのサイトもご覧ください。